久保田 孝 Takashi Kubota

1954年、明治大学附属明治中学校に入学と同時にマンドリン部へ入部。
以降、明治高等学校・明治大学と10年間マンドリンクラブに籍を置く。
卒業後は、佐伯亮のもとでアレンジャーとして、
また、マンドリン、バラライカ、レキントギターのスタジオミュージシャンとして活動する。

三石精一に指揮法を師事。

1968年、旧西独カールスルーエ音楽大学指揮科にて、アルテゥール・グリューバーに師事。
在学中、カールスルーエ、シュヴェッツィンゲンでの音楽会で指揮を努める。
音楽大学に通う一方、DZO(ドイツツプフオーケストラ)の一員として、
また、グロッツィンゲン第一マンドリンオーケストラの指揮者として活躍した。

1972年、オーストリアの国際カリンティッシャー・ゾンマー音楽祭で、同音楽祭管弦楽団を指揮。
同年、ウィーン音楽大学指揮科にて、ハンス・スワロフスキーに師事。
72年、73年の両夏、スワロフスキー主宰の『指揮者のためのマイスターコース』に参加し、
2年連続して最優秀の成績を修めた。

1974年、6年間に亙るヨーロッパ留学を終えて帰国。
帰国後、東京フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、群馬交響楽団、新星日本交響楽団、
日本新交響楽団、ディベルティメント室内管弦楽団、その他アマチュアの習志野フィルハーモニー管弦楽団、
東京楽友協会管弦楽団、明治大学交響楽団などを指揮した。



マンドリン界では、1976年以来7年間、青少年音楽祭、JMJコンサートで
ジュネス・ミュジカル・マンドリンオーケストラの指揮を務める。
1993年、クボタ フィロマンドリーネン オルケスターを創立。
マンドリンオーケストラの演奏活動に力を注ぐ。
また、留学帰国直後より、KMA(Kubota Musik Akademie)を主宰し、後進の指導にあたっている。

2002年12月、モスクワにて、ロシア・バラライカオーケストラの最高峰、
オシポフ国立ロシア民族楽器オーケストラを、初の外国人指揮者として指揮。
2004年4月、ロシア・チェレポヴェッツ市で行われた、第5回ロシア国際民族楽器演奏コンクール「北方杯」に、
撥弦楽器部門の審査員として参加。
同年9月、リペツク市で行われた、職業音楽家によるロシア民族楽器オーケストラ国際音楽祭に、
クボタ・フィロマンドリーネン・オルケスターを率いて参加。
同年11月、クラスノヤルスク市で行われた、第2回全ロシア・ロシア民族楽器指揮者コンクールに、審査員として参加。
2006年、第6回「北方杯」に審査員として参加。ロシアにおいて高い評価を得、同国での活躍の場を広げている。
また、2007年9月にはギリシャで開催されたEGMA(ヨーロッパ・ギター・マンドリン協会)主催の
ヨーロッパマンドリンコンクールの審査員を務めた。

日本においても2005年、第1回大阪国際マンドリンコンクール&フェスティバルの審査委員長を、
2006年、第1回大阪国際マンドリンコンクール(作曲部門)、及び前橋マンドリンフェスタ2006・マンドリン四重奏コンクール、
2007年、日本マンドリン室内楽コンクール2007の審査員を務めた。
また、日本マンドリン作曲コンクールは第1回から、日本マンドリン独奏コンクールは第11回から審査員を務めている。

現在、日本音楽著作権協会(JASRAC)正会員、日本マンドリン連盟(JMU)顧問。
クボタ フィロマンドリーネン オルケスター及び上智大学ソフィアマンドリーノ、明治高校マンドリン部、
同部OB孝友会オーケストラ、山脇高校マンドリンクラブ、玉川聖学院ギター・マンドリン部音楽監督。



 本プロフィールに関する著作の注意事項
Copyright © 2010 KMA All rights reserved.